注文住宅による家づくり

建て売りか注文住宅か

家づくりをするのにまずは建て売りにしようか注文住宅にしようか考えると思います。どちらも

メリットとデメリットがありますが自分にとってどちらがいいのか考える必要があります。大まかに言ってみれば建て売りは家の間取りが決まっていて立地も選べないが安く、注文住宅は思い通りの家が出来て立地も選べるが価格が高いという感じです。立地と間取りが合っていれば建て売りの方がメリットが高いのですがなかなかそのような物件と巡り会うことは出来ません。

注文住宅での家づくりを考える

建て売りでの良い巡り会わせがなかなかなければ注文住宅を考えると思います。やはり建て売りとは違い立地を選べ間取りも決められるメリットは大きいです。勤務地や学校を考慮しながら家族構成やペットのこと家族の趣味や理想など様々なことが注文出来ます。基本的に一生に一度のマイホームですからとことんこだわってみたいと思っている方がほとんどだと思います。完成した世界に一つだけのマイホーム考えるだけで幸せな毎日が想像出来ますね。

新居のインテリアもイメージしておく

ここまできたら建て売りより注文住宅で家づくりをしたいと考えると思います。けれどもハウスメーカーさんは家づくりはしますけど中の家具やインテリアは自分で用意しなくてはなりません。ここで大切なことは出来るだけ間取りを考える時点で家具の置き場所や好きなインテリアのイメージも考えておくということです。アジアンテイストな家具を置きたいのに壁紙が和風では好きなインテリアを選ぶことも出来ません。ですので注文住宅での家づくりをする際には立地や家族構成、それに好きなインテリアのイメージなども含めて考える必要があると思います。

注文住宅を頼む際は、トイレやキッチンに拡張性を残しておきましょう。将来家族の中から介護が必要な人が出たときに便利です。

PAGE TOP