ペット可の賃貸物件数はなぜ少ないのか!?

一度入居すると移動が少ないから

賃貸物件を探していると、ペット可物件が少ないことに気がつくでしょう。地域による差があるので、大都市ほどペット可の部屋が多く田舎に行くほどペット可は少ない傾向にあります。ペット可として賃貸に出されている物件数が少ない以外に、流通している物件数が少ない理由として一度入居すると長期間借りる傾向が強いです。既にペットを飼わなくなっても、そのまま移動しない入居者が少なくないので、余計にペット可物件の流通数が減少してしまいます。

ペット共生型住宅自体が少ない

ペット可物件の中には、建物を建築する段階でペットと共に暮らすために作られた専用住宅があります。ペット共生型住宅では、散歩の後で足洗い場が設置されていたり、ドッグランが併設されていたりと全世帯がペットと共に生活出来るように考えられているわけです。人の居住スペース以外の部分にもお金を掛けているので、家賃は高めとなりますが、人気の高い部屋が多く空きが出るとすぐに埋まる現状があります。ペット共生型住宅の数が増えないわけではなく、単に空きが出ないから余計に少なく感じて競争率が高くなってしまいます。

訳あり物件がペット可になっている現状

家賃が低く抑えられていながら、ペット可として賃貸に出されている物件には、訳ありなケースが多いです。長期間空室のままとなったことにより、大家が空室率の高さに耐えられずペット可として解禁した場合、既に居住中の利用者との間で騒音問題が発生しやすい傾向にあります。ペット可物件となった理由が、積極的な理由ではなく空室率が原因といった仕方なくペット可とした部屋は、出来るだけ避けたいものです。賃貸物件を借りる際には、なぜペット可としているのか理由を問い合わせてみることも大切です。

北斗市の賃貸の選び方をマスターするために、信頼度の高い不動産業者の定番の物件の家賃や間取りに注目をしましょう。

PAGE TOP